fxhana-story

記事一覧(100)

ロスカットとは?初心者図鑑の様にわかりやすい解説でFX勉強

ロスカットとは?初心者図鑑の様にわかりやすい解説で勉強FXは少ない資金でも大きな取引が可能となる「レバレッジ」という仕組みを活用して取引するのが普通です。(⇒FXが初めての人はまずは漫画から)レバレッジを活用した場合、例えば5,000円ほどの資金でも12万円以上の取引が可能となり、少額でも大きな利益を目指す事が出来るようになります。しかしもし為替相場が予想と反対に大きく動いてしまった場合、損失も大きくなってしまうリスクもあります。高レバレッジで取引をした場合、為替の動きによってはFX会社の口座に入れたお金(証拠金)以上の損となる可能性もあります。そこでFX会社では損失が証拠金以上とならない様な仕組み「ロスカット」を必ず導入しています。損失が大きくなり証拠金がゼロとなる前に強制的に取引を終わらせて、ユーザーの資産を守るのがロスカットです。このロスカットと言う仕組みがあるおかげでFXユーザーは借金を恐れることなく利益を追求する取引が出来るのです。証拠金がどれくらいになるとロスカットが発生するかはFX会社や設定によって変わってきます。多くの場合は証拠金維持率が50%~25%となると発生するようになっています。(※証拠金維持率とはレバレッジ25倍取引に必要な額を100%として、それよりも口座に多くのお金が口座に入っていれば高く、含み損で少なくなっていれば下がっていきます。)