実際いくらからFXは出来るの?1万通貨や1000通貨について学ぼう

FX会社公式サイトでは奥のほうまで行かないとなかなか表示されませんが、FX比較サイトをみるとそのFX会社が何通貨から取引ができるのかが記載されています。


いくらからFX取引ができるのか?についてはこの通貨単位と選ぶ通貨の種類によって変わってきます。


通貨単位と通貨の種類について簡単に学んでみましょう!


【1万通貨は1万ドルから】

通貨=ドル、ポンド、ユーロと言った単位のお金の事です。


なので1通貨取引と言えば1ドルや1ユーロを買ったり売ったりしますよ、と言う意味です。


FX会社の多くは1万通貨か1000通貨単位からの取引になります。


1万通貨単位なら1万ドルや1万ユーロ単位での取引、1000通貨単位なら1000ドルや1000ユーロ単位での取引になります。


主なFX会社の取引単位は下記のようになります。また登録の際や取引を始める時に選ぶコースや種類によっても取引単位は変わってきます。


《1万通貨単位》

・DMMFX

・セントラル短資FX[ウルトラFX]

・マネーパートナーズ[パートナーズFX]

・岡三オンライン証券

・ライブスター証券

・FXブロードネット[ブロードコース]

・GMOクリック証券

・アイネット証券


《5000通貨から》

・セントラル短資FX[セントラルミラートレーダー]

・インヴァスト証券[シストレ24]


《1000通貨単位》

・外為オンライン

・外為どっとコム

・YJFX!

・ヒロセ通商

・FXプライム byGMO

・JFX

・FXブロードネット[ブロードライトコース]

・外為ジャパンFX

・みんなのFX

・マネックスFX

・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]


《100通貨単位》

・マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]


《1通貨単位》

・SBI FXトレード


【1米ドルや1ユーロなど通貨によって1単位のコストが変わる】

2017年6月2日時点での為替レートは

・1米ドル ⇒ 110円前後

・1ユーロ ⇒ 124円前後

・1豪ドル ⇒ 82円前後

・1ポンド ⇒ 142円前後

・1NZドル ⇒ 79円前後


となっており、通貨によって1単位当たりの円の値段が違っています。

なので同じ1000通貨単位でも

・1000米ドル ⇒ 110,000円前後

・1000ユーロ ⇒ 124,000円前後

・1000豪ドル ⇒ 82,000円前後

・1000ポンド ⇒ 142,000円前後

・1000NZドル ⇒ 79,000円前後


と選ぶ通貨によってかかるコストが変わって来ます。後述する「レバレッジ」と言う機能で実際に必要な手持ち資金はもっと下がりますが、選ぶ通貨によって売買に必要な資金が変わってくることを覚えておきましょう。


【レバレッジを利用する事で必要資金が25分の1まで下がる】

今主流になっている1000通貨単位の取引でも、上記の例を見ると8万~14万円ほどのお金が必要になってきます。


さすがにこのままだと資金ハードルが高いので、FXでは「レバレッジ」と言う仕組みを利用するのが普通です。


レバレッジとはFX会社に預けたお金を証拠金として、その最大25倍までの取引ができるという仕組みです。


これを利用すれば一番メジャーな通貨である米ドルも5000円前後、人気の通貨である豪ドルで4000円前後の資金があればFXを始める事ができます。


このようにお小遣いレベルの低資金でもFXを始める事ができるのが、主婦やサラリーマンの方の副業としても人気の理由です。










はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ