通貨ペアによってFX取引スタイルを変えよう!

株式投資では膨大な数の銘柄から値がりしそうなものを一つづつ情報を仕入れる必要があります。


投資を始める前に疲れてしまって諦める方も多いのではないでしょうか。


FX取引のメリットに銘柄に迷わない、という事があります。


株では2000近い銘柄数がありますが、多くのFX会社では20通貨ペア前後、多い会社でも50通貨ペア前後です。


さらに実際にFXをするときにメインでする通貨ペアは数種類程度で、銘柄に迷う事がありません。


ただ通貨ペア毎に特徴が異なり、その通貨の特徴に合わせた取引スタイルをとっていく事が大事です。


【初心者もプロもメインでほぼ必ず取引する「米ドル/円」】

「米ドル/円」は国内では圧倒的に人気がある通貨ペアです。この通貨ペアで取引した経験がないFトレーダーはほぼいないんじゃないでしょうか。


世界的でみても取引量世界1位と3位の組み合わせなので非常に人気がある通貨ぺアです。


取引量が多いため、大きな事件や政局があっても変動が緩やかな点が特徴です。


情報も非常に仕入れやすいので、FX初心者の方はまず「米ドル/円」から始めてみましょう。


【為替変動が大きく、短期利益に向いている「英ポンド/円」】

世界三大通貨である「米ドル」「ユーロ」「円」に比べると英ポンドの取引量はかなり少ないです。


そのため事件や経済・機関投資家の動きが為替を大きく動かし、変動が大きいためハイリスクハイリターンな通貨として有名です。


デイトレードやスキャルピングなど短期取引でも大きな利益を狙いやすいのが特徴です。


リスクもあるのでレバレッジはあまり高めない方が良いかもしれません。


【長期にも短期にも向いている「豪ドル/円」】

以前は豪ドルと言えば高金利通貨で長期向け通貨として人気でしたが、一時期に比べると金利も下がり、トルコリラなど他にも高金利通貨が登場したことで長期運用目的の方は減りつつあります。


しかし依然として金利は高めなことには変わりなく、高金利系通貨の中でも安定した為替の動きが安心感を与えています。


短期的な取引にも向いているので、「米ドル/円」に慣れてきたらチャレンジしてみるのも有りです。


【長期運用目的で人気の「トルコリラ/円」】

ここ最近取り扱うFX会社も増え、人気が急上昇しているのが「トルコリラ/円」です。


通貨ペアの金利差分を参考にしてFX会社はスワップポイントを決めていますが、トルコリラは政策金利が8.0%と超高金利の通貨で、0.1%と超低金利の通貨である日本円との組み合わせ相性は抜群です。


前述の豪ドルの政策金利が1.5%であることを考えると、トルコリラの高さがよく分かります。

(政策金利は2017年5月時点のデータです)


ただ高金利な国はリスクを負っている国である事が多く、トルコも地理的・政治的に不安定なリスクを負っています。


FXは外貨預金と違っていつでもトルコリラを円に戻せるのが強みなので、定期的に為替はチェックするようにしましょう。


不利になりそうなら一度取引を終わらせて、様子見を見てまた再開するなどFXの利点を生かしていきましょう





はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ