慣れたら試したい指値注文と逆指値注文!初めてでも出来るFX取引注文の方法

FX取引注文するときは、まずは「成行注文」から始めてみるのがセオリーです。


今見ている為替レートで注文したり、決済したりできるのでとても分かりやすく簡単です。


⇒メジャーな注文方法「成行注文」とは


寝ている間や仕事中など取引をしていないときに大きなチャンスが来ていても対応が出来ないという欠点があります。


また取引中のまま席を外すのは不安を覚えます。


FXにはロスカットと言う、もし大きく損失側に動いても手持ち資金がなくなる前に強制決済を掛けて、資金がマイナスとなるのを防ぐ仕組みがあります。


とは言え、損失に動いた場合でも自分でコントロールすることが出来れば、リスクを恐れることなくFXをする事ができます。


ここでは成行注文に慣れてきたら、試しておきたい注文方法を紹介します。


【指値注文(さしねちゅうもん)】

指値注文とは為替が指定したところまで動いたら、自動で決済を掛けてくれる注文方法です。


ここまで利益が出たら決済を掛けて利確をする、と言った命令が出来るので、画面を見ていないときの利益チャンスを逃しません。


【逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)】

反対に逆指値注文は、為替が指定した損失ラインまで動いたら自動で決済をしてくれる注文方法です。


自分であらかじめ許容できる損失ラインを決めておくことで、損失を恐れることなく利益を追求できるようになります。



上記2つの注文は、注文中の取引には常に設定しておきましょう。


FXに慣れてくるといちいち設定するのが面倒になり、やらなくなってしまう方もいますが、せっかくのチャンスや損失のコントロールをしっかりしておくのは大切です。


面倒くさがらずに設定をしておきましょう!


※2018年11月6日追記


【その他の注文方法は?】


FXでの注文方法はまだまだあります。


例えば

・IFD注文

・OCO注文

・トレール注文

などです。


注文方法を学ぶことで、自分の思った通りの取引を実現することが出来ます。


指値注文や、逆指値注文では出来ないことを、その他の注文で補うことが出来れば安心です。


⇒FXの注文方法を学ぼう

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ