英総選挙、ECB、元FBI長官証言とイベント週間を無事通過。来週はFOMC

【イベント週間を通過で再びリスクオンに動くか】

今週は英総選挙、ECB理事会、コミ―元FBI長官の議会証言など、リスク要素の強いイベントに注目が集まりました。

今週は英総選挙やコミー元FBI長官の議会証言と言った通常の経済指標の重大イベントが多く、リスクオフムードが流れた一週間でした。


目玉イベントであった英総選挙は与党過半数割れと波乱含みでしたが、混乱と言えるほどの結果ではなく、市場の動きを見るに無事に終わったとの見方が多いようです。



【重要経済指標のECBは無難、コミー氏証言も予想通りで「米ドル/円」は一時110円台へ回復】

議会証言前日に証言内容の報道があり、実際の証言も事前報道と変わりなかったため、米ドル円は一時110円台を回復しました。証言には「トランプ大統領から捜査妨害する圧力はなく、あくまで要望に留まった」ということが明らかになりました。


【英総選挙は与党過半数割れの波乱。メイ首相の続投や連立発表でリスクオフムードは後退】

8日行われた英総選挙は与党が過半数割れとなる波乱が起きました。


英のEU離脱に弾みをつけるための総選挙のはずがメイ首相自身の首を絞めるという結果となりました。


しかしメイ首相の続投、保守党と民主統一党(DUP)との連立が発表され、議席過半数の確保とメイ首相の続投決定により、市場からリスクオフムードが後退しました。


ただメイ首相の求心力低下や今後のEU離脱への動きに不透明感が出てきたことなど懸念材料も多く、英ポンドの動きには要注意です。

 

【来週はFOMCに小売売上高、消費者物価指数などの経済指標の発表も】

来週は重要指標となるFOMCが開催され、注目は今後の利上げ見通しです。


市場は利上げを織り込み済みなので、市場の思惑と大きくずれた場合は為替が不安定になる可能性があります。


FOMC前はポジション状況を確認しておきましょう。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ