FX注文の中でも変わり種の「トレール注文」。為替相場の動きを追跡

FX取引の中でも一番オーソドックスで一番使われている注文方法は「成行注文」です。


今の為替レートを見ながらリアルタイムに売買するので、難しいことが何もなく始めやすいのですが、見ていない所のチャンスに対応できなと言う欠点があります。


この欠点を補ってくれるのが「指値注文」と「逆指値注文」で、取引中に席を外してもその間のチャンスや損失リスクを自分でコントロールする事ができます。


これによりFX取引の幅がぐんと広がりますし、強制ロスカットを怖がらずに利益を追求できます。


さらに発展させた注文方法が「IFO注文」で、これを利用することで取引の発注のタイミングから決済のタイミングまで自在にコントロールすることが出来るようになります。


FX取引ではこれらの注文方法を利用する方が多いですが、変わり種だけど知っておきたい注文方法があります。


それが「トレール注文」です。


相場の動きがトレンドとなって一方向に動いている時に有効な注文方法です。


【トレンド相場の時に非常に有効なトレール注文】

トレール注文とは逆指値注文をより効果的に活用するための方法です。


逆指値注文は許容できる含み損を設定できるリスクコントロールに便利な方法ですが、相場が利益側にどんどん動いた場合、現在の為替レートと最初に逆指値注文で設定した値がどんどんかけ離れていきます。


そこで利益が出ている時は相場の動きに合わせて、逆指値注文で設定した値も動かしてくれるのがトレール注文となります。


これにより利益が出ている時に、急に逆方向に動いても逆指値注文が正しく動いてくれるので、せっかくの利益を台無しにすることがなくなります。


但しトレール注文には注意があります。


利益が乗っているトレンドの後に、動きが膠着するボックスレンジと呼ばれる状態になった時です。


逆指値注文の値が相場の動きに合わせて動いているので、膠着状態になると逆指値注文の値に引っかかりやすくなり、意図しない決済がかかってしまう場合があります。


トレール注文を利用するときは膠着状態に入った時に逆指値注文の値を手動で調整するようにしましょう。






はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ