FOMCは事前予測通り。その前の弱い指標と合わせて市場は乱高下

■FOMCは事前予測通りだが、政策金利発表の前の経済指標で市場はアップダウンが激しく


昨日は米消費者物価指数(CPI)と小売売上高の発表がありましたが、どちらも市場予測を下回りました。

FOMCの発表前にドルが売られ、一時108円後半までドル円が下落。


本命のFOMCでは市場予測通り年内にもう一回の利上げが発表、また2018年には年3回の利上げ予定も発表されました。


これを受け、下落していたドル円が大きく上昇。109円台後半まで回復しました。


結果としてアップダウンの大きい相場となりました。

 

■トランプ大統領の捜査可能性で今朝のドル円は再び下落

トランプ大統領をロシア疑惑に対する司法妨害で捜査する可能性が報道され、今朝のドル円は再び下落しました。


いまだにロシア疑惑に関して市場が大きく反応することが決めされた形になりました

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ