テクニカル分析の基本「移動平均線」とは?

テクニカル指標の中でも最も基本で重要なのが移動平均線です。


為替は今どういう動きをしているのか?今後どんな動きになりそうなのか?をチャートの動きが分析するのをテクニカル分析と言い、移動平均線はその分析で最も使われる指標です。


移動平均とひとまとめにしていますが、実際は3つの種類から構成されています。


①単純移動平均線(SMA)

②加重移動平均線(WMA)

③指数平滑移動平均線(EMA)


ただただ移動平均線と言う場合は①の単純移動線の事言い、一般トレーダーの方が一番使うものです。


テクニカル分析を元にした取引をする専業トレーダーの方は③の指数平滑移動平均線を利用します。


①の単純移動平均線(SMA)は本当に単純に過去のチャートの動きを平均化したものです。通常はこれで問題ないです。


②の加重移動平均戦(WMA)とは直近の値には大きな比重を掛ける移動平均線で、SMAに比べて今の動きを読みやすく、トレンド転換をSMAより早く察知できます。


③の指数平滑移動平均線(EMA)はWMAの発展形で、直近の値は比重を大きく、過去になればなるほど比重を軽くするように係数を設定し、移動平均線を作る方法です。

EMAはWMAより為替の変化を素早く察知できます。



はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ