ストキャスティクスとは?ボックス相場で威力を発揮するテクニカル指標

RSIと同じように今の相場が売られ過ぎなのか買われ過ぎなのかを判断する「ストキャスティクス」というテクニカル指標があります。


ストキャスティクスは今の相場が買い過ぎなのか売り過ぎなのかをチャートの下に追加で表示してくれます。


RSIと違うのは今の時点での動きが分かるので、短期取引したい方に向いています。


ストキャスティクスでは動きの速い「ファースト」と動きが緩やかな「スロー」の2本のラインで構成されます。


0から100%の間で数値が動き、ラインが30%以下になると売られ過ぎ、ラインが70以上になると買われ過ぎと判断すしますす。

通常は動きを敏感に察知するファストの方のストキャスティクスを利用します。


但し、ファスト・ストキャスティクスは今の相場状況をすぐに判断できる代わりに、ダマシの動きも発生しやすいので注意が必要です。


スロー・ストキャスティクスはダマシが少ない代わりに、動きが緩やかで滑らかなため即時性に欠けます。こちらはむしろ中長期向けに適しています。


またファスト・ストキャスティクスで70%以上の範囲で%Kが%Dを下から上へ突き破れば買いのサイン、30%以下のラインで%Kが%Dを上から下へ突き進むと売りのサインとなります。


ストキャスティクスで気を付けるべきは、うまく機能するのがボックス相場の時に限定される事です。


トレンド相場では上か下に貼りついてしまい使い物にならなくなってしまいます。


トレンド有無を判断する指標と合わせて使っていきましょう。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ