米中古住宅販売件数が良好もBOX相場を突き破るには至らず

◆米中古住宅販売件数の良好に加え、原油価格の上昇でドル円は111.7円へ上昇

昨日に引き続きドル円は111円台のBOX相場となっています。


ただ原油価格の上昇や米経済指標の一つである「中古住宅販売件数」が良い結果だったため、昨日の上値111.7円まで一時上昇しました。


日本では中古住宅が経済に与える影響は大きくないですが、アメリカでは中古住宅の割合が大きく景気の動向を探るのに重要な指標です。


今回の中古住宅販売件数は、予想を7万件上回る562万件で良好な結果となりドル円にも影響を与えました。


しかしBOX相場脱却までの力はなく、再び111.2円台まで下落しています。


111円台のレンジを上か下どちらかに突き抜けるためにはもう少し大きなニュースが必要そうです。

 

◆FOMC関連でパウエルFRB理事の公聴会証言に注目

本日はパウエルFRB理事の公聴会証言があります。


講演ではなく公聴会証言のため、通常講演よりも注目が高いです。


大きな発言はないと思われますが、他に取引材料がないため過剰反応を示すかもしれませんので注目はしておきましょう。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ