のんびり気軽に取引するFXスイングトレードとは?

多くのFXトレーダーの方はデイトレードを行っていますが、忙しくてデイトレードする時間も取れない主婦やサラリーマンの方もいらっしゃいます。


そんなかたにオススメの取引手法が「スイングトレード」です。


スイングトレードとは1日~数日単位で取引をする手法で、非常に気軽かつ簡単にFXができます。


簡単に言うと、今ドルを買ってそれが満足する利益水準になるまでのんびりと待つ取引スタイルの事です。

デイトレードのように常に画面の前にいる必要もなく、時間が空いた時に自分が満足するレートなのかを確認する程度でOKです。


この気軽さが主婦やサラリーマンの方の副業として人気の理由です。


ただスイングトレードを行うときは下記の注意点があります。


①FXは土日は取引出来ないので週末に大きな事件や動きがあっても対応できない。

⇒特に最初のうちは土日になる前に取引を終わらせておくようにしましょう


②含み損に動いてものんびり待てるのがスイングトレードの強みですが、レバレッジを高くし過ぎると戻る前に強制ロスカットを喰らう可能性がある。

⇒出来るだけレバレッジを高めすぎないようにしましょう。


③見ていないときのチャンスやリスクに対応できない。

⇒利益チャンスをしっかりと掴む「指値注文」と損失リスクをコントロールする「逆指値注文」をしておきましょう。

(詳しくは「慣れたら試したい指値注文と逆指値注文!初めてでも出来るFX取引注文の方法」)


逆にこれらについてしっかり対応しておけばリスクコントロールをしっかりできます。


※2018年11月15日追記


スイングトレード向きの通貨ペアとは?


FXでは通貨ペアの選択も重要になってきます。

通貨によっては正反対の特徴を持つほどですから、事前に知っておくとスイングトレードでも生かしやすくなります。


●最もメジャーな米ドル

外貨と言えば、真っ先に思い浮かぶのはお馴染みのドルかと思います。


FXでもその存在は大きく、世界トップクラスの取引量・変動の安定が見られます。


スイングトレードは、スキャルピング・デイトレードに比べて画面を見ていない時間の割合は大きくなりますが、それでも米ドルは取引しやすい通貨です。


米ドル/円のペアで、コツコツと取引回数を重ねて利益を目指していきましょう。



●大きな為替変動なら英ポンド

中・上級者向きなのは英ポンドの含まれる通貨ペアです。


先ほどの米ドルと打って変わって、値動きが激しい通貨になります。


一度の取引で大きく利益を狙う方にはピッタリですが、リスクがあることも忘れてはいけません。


相場を追えていないときには注文方法を活用してリスクコントロール・利益の確定を出来ると心強くなります。


はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ