FX取引の基本「証拠金・証拠金維持率」とは?

FXを日本語に訳すと「外国為替証拠金取引」となります。


日本語訳に「証拠金」とあるように、FXは証拠金と言う仕組みを利用した取引が主流です。


証拠金とはFX会社の口座に実際に入金したお金のことで、FXではこの入金したお金を担保に最大その25倍までの金額の取引をすることができます。


例えば、少額1000通貨取引対応のFX会社でも、「米ドル/円」取引をしようとすると1000ドル(約11万円)の資金が必要となります。


しかしここで証拠金取引の仕組みを利用すると、4000円~5000円程度のお金があればOKです。


少ない投資金でも大きな取引・大きな利益を目指せるのがFXの魅力です。


また取引をするのに最低限必要な証拠金の額に対して、現在の証拠金残高がどれくらいの割合なのかを示す指標が証拠金維持率です。


FXは決済をしなければ利益も損失も確定しませんが、ポジションを持っているだけの間も含み益や含み損は発生しています。


例えば、1ドル100円の時に1000ドル取引をするのに必要な証拠金は4000円です。


4000円を入金してFX取引を始めた時に、含み益となれば証拠金維持率は「(4000円+含み益)/4000円」で100%を越えます。


逆に含み損の時は「(4000円-含み損)/4000円」で100%を切ります。


また8000円を入金して1000ドル取引をしようとすると「8000円/4000円」で証拠金維持率が200%となります。


FX会社や設定によって基準は異なりますが、証拠金維持率が大体30~50%となると強制ロスカットが発生する所が多いようです。


強制ロスカットは入金したお金がゼロやマイナスになる事を防ぐための大事な仕組みですが、発生しなければそれに越したことはありません。


必要証拠金以上のお金を入金して、最初から維持率を100%以上にしておけば相場の急変でも対処がしやすいので可能な限り、証拠金維持率は高くしておきましょう。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ