ポジションとは?使い始めると便利なFX用語

FXや株などの投資サイトでよくポジションと言う言葉を目にします。


ポジションとは直訳は「位置、場所、姿勢」と言った意味ですが、FXでは取引中であることを意味する用語です。


ポジションを持つ⇒取引中で通貨を売っている状態、または買っている状態である事を意味します。


ポジションを解消⇒取引中だったものを決済。通貨売買を完了させた事を意味します。


また

●買いポジション⇒通貨を買っている状態

●売りポジション⇒通貨を売っている状態

と言います。


現在全く取引をしていないことを、ノーポジション(ノーポジ)という事もあります。


特にFXは株と違って、売っている状態や買っている状態が混在しやすく、少額でも取引ができるため多くの種類のポジションを一度に持ちがちな投資です。


自分が現在どういうポジション構成なのか?の把握はしっかりとしておくようにしましょう。


売りポジションを持っている時は特に注意

日本円は世界でも有数の超低金利国の為、売りポジションの場合スワップポイントがマイナスとなるケースが多いです。


長期運用向けの超高金利通貨でも無い限り、日々支払うスワップポイントは大したことはありませんが、決済をせずに長期で持っているとジワジワとスワップ損失が響いてくるかもしれません。


自分のポジション構成で「売り」が多い場合はスワップポイントがどれくらいなのかも気にしておきましょう。



※2018年11月16日追記


週末のポジションの持ち越しには注意


24時間取引がいつでも出来ると言っても、市場が開いていないためFXは土日の取引が出来ません。


そのため週末にポジションを持ったままにしてしまうと、週明けまで決済が出来ない状態になります。


週末で大きな為替変動があったとしても、月曜日になるまでなにも出来ないということです。


実際には為替は動いているのですが、月曜の朝に急変してしまうのでは、思うような取引が出来なくなってしまう事態に。


初心者のうちはポジションを持ちこさず、デイトレードなどで1日完結の取引スタイルを選ぶのが吉です。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ