スリッページとは?すべる、滑るとも呼ばれる注文のズレとは

注文の際に出した注文のレートと実際に取引が成立したレートが違うことがあります。


この現象をスリッページまたは滑るとも言います。


スリッページはFXだけでなく、株でも発生するのですがFXの場合、株と比べてけた違いに取引量が多く、細かな変動も常にしているので特に発生しやすいのです。


スリッページが発生する原因はサーバーの負荷です。


注文を出してからFX会社のサーバーが注文を受け取って処理を完了するまでの間の時間差のせいで注文が滑ってしまうのです。


なので特に取引が活発な夜や重要経済指標発表時などは滑りやすく、為替レートの変動も大きいので滑り幅も大きくなりがちです。


FX会社ではどれだけスリッページを許容できるか設定できるところもあります。


ただ許容幅を狭くすると注文が確定しづらくなり、特に大きく滑りやすい夜は注文が通らなくなることが増えてしまいます。


ある程度は滑るものだと思って取引をしましょう。


またスリッページが発生しやすいかどうかはFX会社のサーバー性能に依存します。


FX会社の中にはサーバー増強に力を入れていて、「約定率○○%」と注文した価格で約定しやすいことをアピールしている会社もあります。


はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ