FOMCとは?米経済指標で最も重要な指標の1つ

為替に影響を与える経済指標の中でもトップ3に入る重要な指標がFOMCです。


FOMCとはFederal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略称です。


日本では、中央銀行である日銀が「日銀金融政策決定会合」で金融政策を決定していますが、アメリカでそれに相当するのが連邦準備制度理事会(FRB)の理事7名や地区ごとの連邦準備銀行総裁5名で構成されるFOMCなのです。


アメリカの金融政策を決定する最高意思決定機関で、現在の景況判断や政策金利の維持・変更などの方針が発表されます。


特に政策金利をどうするかの発表は世界中の為替・株価に多大な影響を与えます。


FOMCは年8回、6週間ごとの火曜日に開催され、1日または2日間議論が行われます。また金融危機など必要に応じて臨時開催もされます。


FOMCの終了時に政策金利などの声明文を発表し、3週間後に詳しい議事録が公表されます。


FOMC前には事前予測があちこちでされ、市場のその予測を織り込んだ動きをすることが多いです。


そのため事前予測と違った声明が出された場合、株・為替ともに大きな変動を起こします。


またFOMC発表時は取引量も増え、為替変動も大きくなるのでスプレッドが大きく広がります。


各FX会社もFOMC前にはHPで注意喚起をするなどしており、ハイリスクハイリターンな相場になりがちです。


FX初心者の方はFOMC開催前後ははポジションを閉じておいたほうが良いでしょう。


はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ