主に株価に影響を与える「日銀短観」とは?株と為替は連動しやすいので注意

正式名称を「全国企業短期経済観測調査」と言い、日銀が統計法に基づいて行う調査を日銀短観と言います。


全国約1万企業を対象に四半期(3,6,9,12月)毎に調査が行われます。


日銀短観は「計数調査」と「判断調査」と言う2種類で構成されますが、より重要視されるのは「判断調査」の方です。


数値を集計した経済指標は数多くありますが、企業マインドを集計した指標と言うのはあまりなく、日銀短観は調査数も多いため国内外の投資家からも高い注目を浴びています。


●計数調査

売上高、雇用者数、金融機関借入金などを計数的に計ります。


●判断調査

生産、売上、在庫調査、設備投資、企業収益、雇用、企業金融、の項目に対して「「1、良い」「2、さほど良くない」「3、悪い」の3つから選択。「良い」と感じている企業から、「悪い」と感じている企業の比率を引きDIという指数にして算出。


このDIと言う数字がゼロより大きければ景気が上向き、マイナスなら景気に陰りと判断できます。


景気とは「気」と言う言葉が入っているように実数値ではなく、肌身で感じるものです。


そういった意味で日銀短観の判断調査を景気の良し悪しは判断するのに非常に適していると言えます。


またDI中でも特に大企業製造業業況判断DIは特に重要視されます。


サービス業よりも景気を敏感に感じ取りやすいのが製造業と言われており、大企業製造業業況判断DIは株価にも大きな影響を与えます。


為替に直接影響を与えるわけではないですが、景気判断・株価の変動を通して為替にも影響を与えてくるので、日本経済の先行き指標となる日銀短観には注目をしましょう。



はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ