FXの特徴はレバレッジで利益を目指しつつ、ロスカットで損失を抑える

FXとは常に変動する為替の値動きを利用した取引で、異なる2国間の通貨を売買することで利益を目指します。


一番簡単で初心者向けの通貨の組み合わせは「米ドル/円」ですね。


「米ドル/円」は世界No.1とNo.3の取引量を誇る通貨の組み合わせの為、世界的にも非常に人気が高く、為替変動も他のペアと比べて緩やかなので初心者の方も始めやすいです。


また「日本円」が絡んだ取引なのでとっても分かりやすいですね。


レバレッジを利用すれば最大25倍までの取引が可能

FX会社の口座に入金したお金を「証拠金」と言います。


この証拠金を担保に最大25倍までの金額の取引ができる仕組みをレバレッジと言います。


FXではこのレバッレジを利用した取引をすることが普通です。


最近のFX会社は少額取引に対応しているところが多いですが、それでも1000通貨単位からです。


ドルなら1000ドル単位での取引ですよと言う意味です。


1000ドルと言うと、日本円では大体10~12万円ですのでかなりの高額資金が必要になります。


しかしレバレッジを利用すれば、その25分の1の資金で済むので、4000円~5000円の資金があれば1000ドル取引が可能となります。


4000円程度で1000ドル取引ができるのですから、少額資金とは言っても少なくない収益を目指す事ができます。


このように少額資金でも大きな取引ができるのがFXの仕組みです。


FXでは大きな取引が出来る反面、リスクにも注意

FXでは手元にドルが無くてもドルを売る事ができます。


空売りと言うのですが、為替は常に上下に変動しているので「株」とは違い空売りを行うのも普通の行為です。


そのため円安・円高どちらの相場でも利益を目指す事ができます。


しかし注意も必要です。


自分が想定した相場と反対の動きをすると、損失となってしまいます。


FXではレバレッジを利用して大きな取引ができる分、損失にも注意しなければなりません。


損失時の含み損リスクを抑えて、資金がマイナスになる事を防いでくれる強制ロスカット

FXではレバレッジを効かせて取引をするため、為替変動の大きさによっては入金した金額以上の損失となるリスクも存在します。


しかしFX会社では証拠金以上の損失となる事を防ぐための仕組み「強制ロスカット」を導入しています。


含み損が拡大して、証拠金以上の損失となる前に自動的に決済を掛ける事で、資金がマイナスとなる事を防いでくれます。


この仕組みのお陰で、借金と言う心配をせずに利益を目指す事ができます。


ただごく短時間にあり得ないほどの値動きをした場合は、この強制ロスカットが間に合わない可能性もあります。


ほぼ起こらないのですが、為替変動が特に大きいマイナー通貨で取引をしているとごく偶に発生します。


FX取引をするときは米ドルやユーロと言ったメジャーな通貨で取引をするのが安全です。



はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ