必要証拠金と有効証拠金とは?取引に欠かせない重要なもの

必要証拠金とは、FX取引をするときに必要最低限のお金のことです。


必要証拠金は通貨ペアやFX会社によって異なり、為替レートによっても変動していきますが、FX会社などのHPで簡単にチェックすることが出来ます。


FXをするときには、必要証拠金分の資金を用意してFX口座に入金します。


この入金額は、証拠金よりも余裕を持って多めに入れておくことをオススメします。


何故ならば、必要証拠金ぴったりの金額だと、取引が不利になってしまう可能性があるからです。


1万通貨単位に対応しているFX会社で取引を始めた際、必要な証拠金は約4万円です。


しかし4万円ちょうど入金しただけでは、レートがほんの少し予想と逆方向に動いてしまっただけで、強制ロスカットが発動してしまうのです。


⇒強制ロスカットについて漫画付きで学ぶなら



強制ロスカットを避けるためには、必要証拠金よりも多く入金しておくことが重要です!


有効証拠金に着目してみましょう。


有効証拠金とは、自分のFX会社の口座に預けて翌日評価損益を加減したお金のことです。


FXで売買をすると、当然為替差益や為替差損が出ますよね。

それらの利益や差損は取引証拠金に反映されます。


この時の証拠金のことを有効証拠金と言います。


この有効証拠金が、自分の持っているポジションの為替差益によって必要証拠金を下回ると、強制ロスカットを食らうことになります。


ロスカットの基準はFX会社によって違いますので、取引前に各FX会社のHPからチェックしてください。


※2018年12月3日追記



はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ