中国GDPの好結果から一時112.64円に。欧州時間以降の為替動向に注意

◆週末の米経済指標はどれも予想以下。ドル円は112円台に下落

先週金曜日は米経済指標が立て続けに発表されました。


特に消費者物価指数(CPI)、小売売上高、ミシガン大学消費者態度指数は市場にも大きな影響を与える指標です。


今回は12,13日でのイエレン議長のインフレ鈍化の懸念発言から、金曜の指標に警戒感が出ており、実際どれも予想を下回る結果となりました。


弱い指標結果を受けて、ドル円は一時113円から112円前半まで下落、その後反発して先週は112円半ばで終了しました。

 

◆本日は海の日のため東京市場はお休み

今日は「海の日」の祝日のため、東京市場はお休みです。


東京市場が休みのため、取引参加者も現在は少なく112円半ばのレンジ相場が続いています。


ただ先ほど発表された中国GDPが予想を上回った事が好感され、一時112.64円まで上昇しています。


参加者が増える欧州時間以降でこの結果の影響が出るかもしれませんので、夕方以降の為替の動きには注意しておきましょう。

 

◆欧州時間での変動に注意

11時に発表された中国GDPの好結果でドル円は動きを見せていますが、東京市場が休みのためさほど大きな影響は与えていません。


ただ欧州時間になると取引参加者が増えるので、そのあたりから今回の中国GDP結果の影響が大きくなるかもしれません。


21:30にはニューヨーク連銀製造業景況指数も発表されますので東京時間以降の動きには注意しておきましょう。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ