先週の弱い米経済指標結果の影響は週明けも。ドル売り相場で112円前半まで下落

◆先週末の弱い米指標を受けて、連休明けもドル円相場は下落中

金曜日に発表された米消費者物価指数(CPI)や小売売上高など米経済指標が軒並み予想を下回る結果だったことを受け、ドル円は下落をしてます。


FOMCでは利上げに前向きな発言がありましたが、直近のイエレン議長の発言や弱い指標などもあり、年内の追加利上げに暗雲が込めてきたと市場は見ています。


昨日は東京市場が休みのこともあり日中はあまり大きな動きはしませんでしたが、ニューヨーク時間には米10年債の利回り上昇や中国GDPの好結果などを好材料にして、一時112.8円まで上昇しました。

 

しかし今日は112円前半まで下落、現在は弱い指標やロシア疑惑・北商戦リスクなどドル売りの材料が多い状況が鮮明になっています。


直近は重要なイベント・指標がない時は緩やかに下落していく流れになりやすそうです。

 

◆明日からは日本の重要イベント「日銀政策決定会合」が始まる

明日明後日と日銀政策決定会合が行われます。


日本絡みの経済指標では最も重要なイベントです。


ドル売り要因が多い現在、日銀が何かしらの追加施策を行うのか?注目が集まっており、本日は明日に備えて様子見ムードが漂っています。


ただ停滞ムードの時は誰もが材料を欲しているので、突発的な出来事に敏感に反応しがちです。

相場の急変委は引き続き注視しておきましょう。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ