トランプケア可決困難で失望のドル売り。今日は日銀金融政策決定会合

◆再びのトランプケア可決困難で失望のドル売り

昨日の日中は112円半ばだったドル円ですが、ニューヨーク時間になると一時は111.6円台と大きく下落した場面がありました。


この動きの原因は、オバマケアに代わる「トランプケア」法案の可決が再び困難になる見方が強まったことです。


トランプケアは以前も可決断念しており、修正した法案も断念となればトランプ政権に大きな打撃となります。


断念となればトランプ政権が掲げる税制改革などの他政策にも影響が出かねず、市場はトランプ政権への不信感を強めています。

 

◆変わって日本では本日より日銀金融政策決定会合

アメリカではトランプ政権への不信感からドル売りの動きとなっていますが、日本では本日より日銀金融政策決定会合が開かれます。


先週の弱い米経済指標やイエレン議長の発言などでドル売りが続く市場のなか、日銀金融政策決定会合後に注目が集まっています。


今会合では2017年度の物価見通しを1.4%から1%に引き下げ、2018年度に2%としていた目標も先送りするのと思われます。


アメリカでは政治・経済両面でドル売り要因が揃っていますが、アメリカの利上げによる日米の金利差拡大はドル買いの要因となります。


非常に不安定な動きとなり得るので相場の動きには注意が必要です。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ