日銀金融政策決定会合の発表後ドル円は112円台に上昇。

◆NT時間からドル円は111円台に。日銀金融政策決定会合の発表後上昇

昨日の東京時間ではドル円は112円台で動いていましたが、NY時間(日本時間の21:45分前後)に突如111.5円まで下落しました。


21:30に発表の米住宅着工件数と建設許可件数はどちらも予想を上回る強い結果で、突如落ちたドル円を反発させる材料となりましたが元に戻るほどの力はありませんでした。


結局昨日のドル円は111.8円で取引を終了しました。

 

◆NY時間でのドル円急落の原因は一体何?

昨日はトランプケア法案が再び可決困難との見方や米中経済対話の不調など、ドル売りの材料が目立ちましたが、NY時間のドル円急落の原因はユーロの影響が大きかったと言われています。


ECBの金融緩和縮小が近いとの見方からユーロ高になり、それがドル急落に繋がったようです。


今夜はECB理事会があり、金融緩和縮小についてのドラギ総裁の発言に注目です。

 

◆日銀金融政策決定会合の発表後にドル円は112円台へ上昇。黒田総裁会見とドラギ総裁発言に注目

先ほど発表された日銀金融政策決定会合では、金融政策は現状維持、物価上昇率2%の目標達成2019年度に先送りとなりました。


GDP見通しは、今年度は1.6%から1.8%、来年度は1.3%から1.4%に引き上げ。景気判断は「緩やかに拡大している」とし、先月会合の「緩やかな拡大に転じつつある」より改善方向を示しました。


これに雇用改善・輸出の伸びなどが点が好感されドル円上昇の流れとなっています。


今日はその他にもECB政策決定会合が控えています。


金融緩和縮小が近いと見られている現在、会合後のドラギ総裁の発言に注目が集まっています。


ユーロの政策金利発表が20:45、ドラギ総裁会見が21:30となっていますのでこの時間帯の動きには注意しましょう。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ