流動性リスクとは?初心者はマイナー通貨には注意を

流動性リスクの本来の意味は、戦争やテロなどの大きな相場の変動の影響などで、流動性が弱くなり、取引が思うように出来なるなることです。


FXは普段外国為替市場で、とても活発的に取引が行われています。

上記で説明したように、テロなどで大きな相場の変動が起きたときにFXの場合は相場がいつもよりものすごく大きく動いてしまうリスクのことを指します。

メジャー通貨は普段から、一定の活発な動きがありそこまでリスクということはないですが、例えば欧米のクリスマス休暇は市場自体は開いていますが、取引量は少なくなります。

このような時に、テロや重要な経済要因が起こった時は、相場が急激に変動する可能性があります。

メジャー通貨でも爆発的な変動がある可能性があるので、マイナー通貨はもっと注意が必要なのです。

初心者の場合、この流動性リスクを想定して、普段から流動性がきちんと確保していないときはマイナー通貨には手を出さないこと、そしてレートが激しく動いているときは絶対に取引には参加しないことをおすすめします。


はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ