トランプリスクからのドル急落の流れが今日も。今週は米重要指標が多い

◆本日もドル円は下落の流れ。週末からの流れが今週も続く

先週はユーロの動きやアメリカの経済・政治両面の不安感からドル下落が続きました。


週明けの今日現在もこの下落の流れは続き、午前中に1ドル110.7円台まで落ちる場面もありました。


現在は110円後半での動きになっています。


先週からのトランプケア可決困難やロシア問題などトランプ政権の問題からリスク回避の円買いが進み、一時114円台まで上昇していたドル円はちょうど1カ月前と同じ110円台となっています。

 

◆今週はFOMCと米GDPとアメリカの重要イベントが重なる

今週はFOMCと米GDP(速報値)とアメリカの重要経済指標が重なっています。


米GDPは速報値、改定値、確報値と一カ月おきに発表されますが、今回発表されるのは中でも注目度の高い速報値です。


今月の雇用統計は良好な結果だったこともあり、速報値のGDPも好結果になる事とが期待されています。


ただ普段ならGDP速報値の結果次第でドル円上昇のトレンドなりそうですが、直近はトランプ政権リスクが強いこともあり、良好結果でも頭を押さえられる可能性もあります。


今週は政治と経済で相場が乱高下する可能性があり、重要イベント発表や政治の動きには注視して多くようにしましょう。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ