FOMC声明文を受けてドル円は大きく下落。明日は米GDPに注目

◆昨日発表されたFOMC声明文でドル円は大きく下落。

昨日はFOMCが終了、声明文が発表されました。

今回のFOMCでは予想通り政策金利の変更なかったですが、バランスシートの縮小時期について変更がされています。

6月のFOMCではバランスシート縮小は”年内に開始”でしたが、今回”比較的早期に開始”となっています。

直近のイエレン議長の発言と同じくFRBでも低調なインフレ率を懸念している内容となったため、ドルは大きく売られました。

声明文の前は、一時112円台まで上がっていたドル円が発表が発表前には112円台まで上昇していたドル円ですが、FOMC声明後の現在は111円を割り込み、110.9円台となっています。


明日は米GDPが発表されますので、突発的なイベントが無ければ今日のドル円はこれ以上大きく動かず111円を挟んだ動きになりそうです。


ただ最近は目立った動きをしていなかった北朝鮮ですが、今日は「戦勝記念日」という事で何かしらのアクションを起こす可能性もあります。


北朝鮮の動きにも注意してみていきましょう

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ