カバー取引とは?リスク回避のための仕組みを理解する

カバー取引とは?リスク回避のための仕組みを理解する

私たちがFXで取引するとき、FX会社を利用しますよね。


トレーダーが利益を上げた場合には、利益分の資金はFX会社から支払われています。


この場合、顧客が儲かれば儲かるほど、FX会社は経営破たんの危機に陥ると思いませんか?


100%全員が予想を的中させて取引出来る訳ではありませんが、万が一のことを考えて、FX会社も自社の経営のためにリスクを回避した取引を行っています。


それが今回解説する「カバー取引」です。



カバー取引とは?


先ほどの例のように、FX会社は顧客が利益を上げたときには損をし、逆に顧客が損失を出したときには得をするといった、利益相反の関係を持っています。


簡単に言えば、片方が儲かれば片方が必ず損をするということです。


FXがゼロサムゲームであると言われているのは、こういった背景があります。


そこで、FX会社は顧客が出した注文と同じように、他の銀行など金融機関へ注文を出します。


この際、FX会社が出した注文が「カバー注文」になります。


同じ注文を出すことによって、トレーダーが利益を出したときにはFX会社も利益を出し、支払い分を穴埋めしているのです。


カバー取引によって、FX会社はトレーダーに対して中立的な立場をとることになります。


為替レートをFX会社が有利になるように操作しているんじゃないの?といった疑念も晴らすことが出来ます。


為替差損での資金移動はなくなりますが、スプレッド等でも利益を得ているため会社の維持には問題がありません。



常にカバー取引をしている訳ではない

ただし、注意しなくてはならないのは、いつでもFX会社がカバー取引をしている訳ではないと言うことです。


どのような頻度で?どのような額を?カバー取引に回しているかは、FX会社によって違いがあります。


システムで機械的に行っている場合もあれば、カバーディーラーという適任者を採用している場合もあります。


因みに、FX会社にとってリスク回避のための手段がカバー取引ですので、カバー先の銀行が大手で有る方が信用は高まりますね。


カバー取引先は明記することが法令で定められていますから、気になったら一度チェックしてみると良いでしょう。


※2018年12月12日

大幅に編集を行いました。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ