米政権の不安定さとユーロ高からドル売りが進む。

◆ユーロ高と不安定な米政権でドル安の流れに

トランプ大統領がスカラムチ広報部長を解任したと報じられました。

就任僅か10日での出来事です。

オバマケアに代わるヘルスケア法案可決が難航している現状に加え、人事面でも不安を露見した形となっています。

市場はトランプ政権の不安定さを嫌い、ドル売りが進行しています。

加えて昨日はユーロ高によるドル安の流れも加わり、ドル円は現在110.2円台で推移しています。


◆ユーロ高の原因は欧州の消費者物価指数

昨日のユーロ高の原因は18:00に発表された欧州の消費者物価指数が予想通りの上昇だったことです。


好調な消費者物価指数からECBの緩和縮小の可能性が高まったと市場は判断、ユーロ買いの動きとなりました。


これに引っ張られてドル円もドル安の流れとなっています。

 

◆今夜は米指標の個人消費支出とISM製造業景況指数に注目

アメリカの重要指標である「個人消費支出」が21:30に、「ISM製造業景況指数」が23:00に発表されます。


特に個人消費支出は雇用やインフレとも関連してきますので、市場も注目しています。

FRBもインフレ率について注視していますので、今夜の指標結果如何ではまた大きく動くかもしれません。


指標の発表時間は変動に注意しましょう!

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。

話題の投資FXと仮想通貨はどちらが初心者向け?



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ