システム障害リスクとは?回避方法を知って有利に取引しよう

FXには、知っておかないといけないリスクがいくつかあります。

その中の1つに”システム障害リスク”というものがあります。

そのシステム障害リスクの中でも2通りあり、1つはインターネット回線が不通になったり、自分の通信機器の不調など、もう1つはイ情報システムの停止や誤作動、FX会社のサーバートラブルで取引ができなくなることなどです。


1つ目のは、自分のパソコンであったり、スマホの端末機器に不具合が生じて取引ができなくなることをいいます。

エントリー後にPCがフリーズしてしまい、復旧後に確認したら、想定以上に損失が膨らんでいたような場合です。

このような場合に備えて行っておきたい対策として、普段からPCのメンテナンスを行っておくことや、万が一の場合に備えて、取引用のアプリをスマホにインストールしておくことです。

2つ目のは、FX会社のシステムがダウン等の不具合を起こしてFXの取引ができなくなることです。FX会社は24時間体制で動いていて、もちろんプロの方々が障害がないようにしています。ですが何らかの状況によっては取引ができなくなってしまうことがあり、システム障害自体をなくすことは不可能です。

仮に起こってしまった場合のことを想定しなければなりません。

もし障害リスクが起きた場合を考えると過去にシステムリスクが起きたことがない会社を選ぶこと、そしてFX会社の複数開設です。

A社がシステム障害で取引不可能となっても、B社でシステム障害が起きてなくて、そのまま取引ができれば問題はありませんので、それはリスク回避になります。

1社のみしか口座開設していない方は複数の口座を持つことをお勧めします!


はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ