四本値とは?トレンドを見極められるローソク足の基本

四本値とは、マーケットにおいて、ある期間(時間)を区切って相場の値動きを表す時に、始値・高値・安値・終値の4つの値段のことです。


この4つの値段のデータを1つにまとめてチャート化した代表的なものがローソク足で、一日なら日足、一週間なら週足、一月なら月足、一年なら年足です。


例えば、スタンダードな日足については、その日はいくらで取引が始まり、いくらで終了したのか、また、その日の最高値と最安値を1つのローソク足からチェックすることができます。

ちなみに、上昇して終わったらローソク足が白になり、これは陽線と呼ばれ、逆に、下落して終わったらローソク足が黒く塗りつぶされ、陰線と呼ばれます。

この陽線と陰線がどれだけ続くかをローソク足チャートで注目してください。

陽線が続けば上昇トレンドに入った、陰線が続けば下降トレンドに入った、と予測ができるのです。

このように今後の為替レートを予測する方法として重要ですので覚えておいてください。




はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ