FXで利益を上げたら確定申告をして税金をきちんと納めましょう

FXで利益を上げたら確定申告をして税金をきちんと納めましょう。但しスワップポイントの取り扱いに注意

FXで利益を上げたら確定申告をして税金を納める必要があります。


その年の1月1日から12月31日までに発生した利益に対して次の年に確定申告を行います。


FX出の利益とは決済をかけて利確をしたものを指します。


決済をかけずにポジションを保持中のものは対象にはなりません。


ただスワップポイント益には注意が必要です。


FX会社によってスワップポイントの付与タイミングが異なるからです。


決済をかけた時に一括でスワップポイントが付与される会社の場合は、決済をかけなければスワップポイント益は税対象外です。


決済をかけなくても毎日口座にスワップポイント益が入るFX会社の場合は、決済をかけなくてもスワップポイントは課税対象となります。


確定申告をする前に今使ってるFX会社がどうスワップポイントを取り扱っているのかを確認しておきましょう。


⇒FXの税金についてさらに詳しくはコチラ


FXの税率はどれくらい?

FXは上げて利益の額に関わらず税率は一律20.315%で、これは所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%を合わせた率です。


本来給与所得は副業などの雑所得は得た金額が多い程税率が上がっていく「累進課税」なので、どれだけ利益を上げても率が上がらないFXは税制面で非常に優遇されています。


例えば税優遇されていない「仮想通貨」の場合は最大所得税が45%、住民税10%と合わせて何と税率が55%にもなります。


また少しでも利益を上げたら必ず確定申告を行わなくてはならない、と言う事ではありません。


確定申告義務が発生するのは、

①給与所得がある人は年20万円以上の利益

②給与所得が無い人は年38万円以上の利益

を上げた場合です。


確定申告義務が無くてもしておくとメリットが

確定申告をする必要が無い程度の利益だったり、残念ながら損失となってしまった年は確定申告をする必要はありません。


が、そんな時でも確定申告を行っておくことでメリットが発生します。


FXでは最大3年間、損失を繰り越す事ができます。


例えば今年30万円の利益を得たけど去年は30万円の損失だった場合、去年の損失と今年の利益を合算して、「今年の損益は0円」とする事ができます。


損失を繰り越す事で本来は発生するはずの税金を無しにする事が出来るのです。


この損失繰越の制度を利用するには毎年確定申告を行っておく必要があります。


利益の有無・多寡に関わらず申告を行う事でこのお得な仕組みを活用する事ができるのです。


賢くFXの節税対策を行おう

FXの税率は20.315%と他の副業や投資と比べても非常に優遇されていますが、それでも利益額が多きなるほどに収める税金の絶対値は多くなります。


例えば年50万円の利益をFXで出した場合、約10万円もの税金が発生します。


もちろんきちんと納める必要がありますが、正しいやり方で節税する事で少しでも収める税金を少なくすることもできます。


例えば、FXセミナーなどに参加されているかたはセミナー会場までの交通費は経費として計上できます。


またインターネット代も全額ではないにしろ、FX取引目的としていくらかを経費とできますし、本や経済新聞などFX目的で買ったものも経費扱いできます。


ただ経費については税務署によって見解が分かれるところなので、あらかじめ住んでいる地域の税務署に確認しておくと良いです。


また結婚されている場合は夫婦別で口座を持っておくのも手です。


例えば、夫が年20万円の利益を越えそうな場合に、妻の口座での取引に切り替えることで確定申告を回避・減額する事が出来ます。


嘘や騙しで税金をごまかす事は犯罪で絶対にやってはいけませんが、賢く正しい節税方法をする事でせっかくの利益をきちんと守っていきましょう!


⇒FXの節税についてさらに詳しくはこちら

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ