レバレッジ取引とは?わかりやすく漫画絵で勉強。FX初心者も図鑑の様に学ぶ

レバレッジ取引とは?わかりやすく漫画絵で勉強。FX初心者も図鑑の様に学ぶ

FXの魅力は少額資金でも大きな取引が出来る点で、その仕組みを「レバレッジ」と言います。


「レバレッジ」とは直訳でテコの事を意味し、小さな力でも大きなものを動かす様子と小さなお金で大きなお金を動かすさまが似ていることから名付けられています。

国内FX会社では現在レバレッジは最大25倍までかける事ができます。


資金1万円をFX会社の口座に入れればそれを証拠金(担保)として25万円までの取引が出来るという事です。


以前はもっとレバレッジをかける事が出来ましたが、あまりにレバレッジが高いとちょっと損失側に動いただけですぐに資金が無くなってしまうため、ユーザー保護の観点から自主規制がかかっています。


この規制は金融庁に登録をしているFX会社全てに適用されていますが、逆に金融庁に登録していない海外FX業者はこの適用がされません。


有名どころではXMという海外FX業者がレバレッジ888倍と言う途方もない倍率で取引が出来る事を謳っています。


レバレッジがここまでくるともはや投資ではなくただのギャンブルと化してしまい、トレーダーの資金保護の観点からも非常に危険です。


また金融庁に登録されていない業者の為、何か問題が発生しても全て自己責任となり誰も助けてくれません。


さらに金融庁に登録されているFX会社で出した場合は税率が20.315%と優遇されますが、海外FX業者の場合はこれが適用されず最大55%もの税金が発生します。


安全面からも税の面からも海外FX業者を使うのはお勧めできません。


⇒レバレッジについてさらに詳しくはコチラ


正しく安全にレバレッジの仕組みを活用しよう

レバレッジは少額でも大きな利益が狙える魅力ある仕組みですが、同時にリスクもある事を理解しなければなりません。


正しくリスクをコントロールしながら利益を目指していくのがFXの正しいやり方です。


例えば、米ドル/円のような為替変動が安定してる通貨ペアなら高レバレッジで攻め、逆に英ポンド/円のような変動が大きい通貨ペアの場合はレバレッジを低めにして取引をする。


またデイトレードの様に常に為替をチェックする取引スタイルの場合はレバレッジを高めにして、長期運用の場合は高レバレッジにしてしまうと為替変動で強制ロスカットの恐れがあるので出来るだけ低く抑える。


このように通貨ペアの特徴や取引するスタイルに応じてレバレッジの強弱をつけることでしっかりとリスクをコントロールした安心FX取引が実現できます。


⇒FXが初めての人はまずは漫画や絵で優しく学ぼう


国内FX会社でもレバレッジ100倍でする方法が存在する!?

多くのFXユーザーには関係のない事ですが、FX会社によっては法人名義で口座を解説した場合にレバレッジを100倍まで引き上げる事が出来るところがあります。


レバレッジを上げるほどにリスクも高まりますのでおすすめはしませんが、どうしても高レバレッジでしたい場合は対応した国内FX会社で法人名義で行うという選択肢の方が安心&安全です。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ