FXで良く聞く「買い・売りポジション」の意味とは?

FXで良く聞く「買い・売りポジション」の意味とは?

FXなどの投資用語の中には普段日常で使う意味から派生して全く違う意味となっているものが数多くあります。(⇒FXが初めての人はまずはコチラの漫画より


例えば「スプレッド」。直訳は「広がり」で、外貨を買う時と売る時の値の差の広がりを指す言葉ですが、そこからFX会社の取引手数料と言う意味となっています。


また「レバレッジ」も本来はてこの原理の「てこ」を表すものですが、そこから連想して少ない資金で大きなお金を動かすFXの仕組みをそう呼ぶようになっています。


このように直訳からでは用語の意味を連想しづらい単語が投資業界にはあり、「ポジション」もその一つです。


直訳は「位置」という意味ですが、そこから連想されて今自分がどういう売買状況にあるのかを表す用語となっています。


例えば「買いポジションを持つ」であれば今自分は外貨を買っている状況である事を意味し、「売りポジションを持つ」であれば外貨を売っている状況である事を意味します。


また、買いや売り関係なく取引している状況の事を単に「ポジションを持っている」と言います。


そして決済を掛けて取引を終わらせることを「ポジションを解消する」や「ポジションを閉じる」などと表現します。


このようにポジションとは自分が今売買している立ち位置であることを意味しており、逆に売買していない立ち位置に居る時は「ノーポジション」や略して「ノーポジ」と言います。


掲示板やブログなどでポジションと言う言葉が出てきたらその人は今取引中なんだな、と思っておきましょう。


⇒ポジションについてさらに詳しくはコチラ


ポジションを持っていないと落ち着かない人を指す「ポジポジ病」

FX取引に熱中している人の中には、常に取引をしている状況でないと落ち着かないという一種の中毒状況になっている人もいます。


ポジションを持っていれば常に利益のチャンスがあるため、ノーポジ状況=機会損失と感じてしまうためだと思われます。


このような症状の人をポジションをもじって「ポジポジ病」と呼びます。


もし自分がこのような状況に陥ったら、まずは無理やりにでも取引をしない状況をつくりましょう。


ポジポジ病の時は冷静な取引判断が出来ずに損失を被ってしまう可能性が高いです。


ポジションを持ってないと落ち着かない、、、そんな気持ちになったら外に出かけたり、思い切って旅行に出かけるなどFXとは切り離された空間で心身をリフレッシュさせましょう!


中長期の期間で大きな為替差益を狙う「ポジショントレード」

ポジションの名がつく用語としては「ポジショントレード」というものがあります。


これは数週間や数か月、場合によっては年単位と言った中長期的なスパンで大きな為替差益を狙う取引手法の事を表します。


一見のんびりと取引が出来て初心者向けの取引手法と思うかもしれませんが、非常に難しい初心者お断りの方法です。


というのも数日程度の未来の為替の動きならある程度予測は立てられますが数週間や数か月後に為替がどうなっているかはほぼ予測不可能です。


プロトレーダー方でも意図してポジショントレードを行っている人はほとんどいません。


長期で利益を目指す場合はスワップポイントに主眼を置いて、為替差益も出たら儲けもの程度で運用するのが良いです。


⇒FX長期運用についてはコチラ


はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ