FX取引失敗の原因「ポジポジ病」とは?克服して勝てるトレーダーになろう

FX取引失敗の原因「ポジポジ病」とは?克服して勝てるトレーダーになろう

FXトレーダーには俗に「ポジポジ病」と呼ばれる状態があります。


常にポジションを持っていないと落ち着かなく、無駄にポジションを持ちすぎてしまう人のことです。


実はポジポジ病は、損をするタイプの例としても良く挙げられています。


「病」と付くからに、精神状況もあまり良いとは言えません。


FXで成功するために、どんな人がポジポジ病になりやすいのか、また克服のための対策を見ていきましょう。



どんな人がポジポジ病になりやすいの?


・FX初心者


まず気をつけなければいけないのは、FXを始め立ての頃です。


根拠のないまま、訳も分からず取引をしてしまうのが一番危険です。


それで利益を出したとしてもビギナーズラックの場合が多く、更に利益を重ねようと、自信過剰なままポジションを抱え過ぎてしまいます。


トレードに慣れる段階の方はデモトレードから無料で始めて、取引スタイルを確立していくことが大切です。


また取引頻度のルールを守れるようになってから、本番に移っていくと良いでしょう。



・せっかちな人


トレーダーの性格として、ポジポジ病になりやすいのはこのタイプの方です。


チャートに売買シグナルが出ると、深く考えずにポジションを持ってしまいがち。


テクニカル指標は大変便利ですが、ダマシもありますので冷静な判断が必要になります。


簡単に見抜けるダマシでも、動き続けるローソク足や損益を見て焦ってしまうので、慎重すぎるくらいに相場を追っていくくらいがちょうどいいかもしれません。



・トレード中毒な人


一番病気のイメージに近いのはこの方かもしれません。


トレードに慣れてきて、FXで利益が出ることが楽しくなると所謂「ハマってしまう」パターンです。


稼ぎたい気持ちが前に前に出て、チャンスを逃すまいと取引してしまいます。


24時間いつでも出来るのがFXの良いところですが、画面に貼りつきすぎてしまうのは考えものです。



ポジポジ病への対処法


ポジポジ病にならないためには、取引前から意識して精神状態を安定させる他にはありません。


取引回数を増やせば増やすほど、勝ち回数が増えるわけではないと理解して、感情的にならないことが大切です。


また思いつきでポジションは持たず、エントリー前にしっかりと相場を分析する習慣をつけてしまいましょう。


デイトレードなら取引回数は1日数回程度です。


その場合、ポジションを持っていない時間の方が長くなるのも不自然ではありません。


「休むのも相場」と投資の格言があるように、成功のためには休む期間を作るのも得策です。


戦略的な休暇を取って、効率的に判断が行える思考状態を保つのもFXの一環です。



自信がない方は自動売買も


それでもポジション欲に耐えられなさそうな方は、FXの自動売買もオススメです。

自動売買は最初の設定だけで、あとは24時間お任せにしても取引を繰り返してくれます。


プロが作った賢いプログラムなので、取引に自信がない方や初心者の方にも人気があります。


一度トレードをお休みする間に、自動売買の実績を確かめるつもりで運用してみると良いでしょう。


デモトレードでも、自動売買機能を提供している場合も多いので気軽にお試しが出来ます。


⇒楽チンお任せ取引ができるFX自動売買(システムトレード)とは


はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ