副業としてもFXはオススメ!あなたはいくつ副業を知ってる?

副業としてもFXはオススメ!あなたはいくつ副業を知ってる?


皆さんは副業をしようか考えたことはありますか?


まず思い浮かぶのは「どんな副業をするか」ということと、「会社に説明するかどうか」かと思います。

実は日本では、副業を認めていない企業は85.3%に上るというデータがあります。


2018年からは「働き方改革」の一環で副業を認める働きが出てきていますが、現状では副業を行っている方は14%に満たないことになります。


海外、とくにアメリカでは5割の人が投資を行っていると言われるくらいですから、日本での副業への考え方というのがいかに特殊かというのが分かります。


なかなか給料が上がらない日本では、海外に習った働き方を取り入れていく必要があります。

今後、本業以外で収入を得る手段が必須となるような時代が来るかもしれません。



副収入を得るためにはどんな副業をする?

副業を一覧としてまとめてみました。

既に知っているものや、始めてみるものもあるかもしれません。


●株式投資

まず投資と言われて思う浮かべる方が多いのは、いわゆる「株」かと思います。

株式投資は、利益を得るために企業が発行する株を売買します。

業績が良くなりそうな会社を見極めることが大切です。

そのためには正しい知識を身につけ、情報収集を常に続ける必要が出てきます。

株を購入するための価格は株の銘柄によって異なりますが、高いものだと数十万~数百万が必要になってきます。


●仮想通貨

日本を問わず、世界でも流出問題などで何かと話題になった仮想通貨。

ビットコインやリップルなどが有名ですね。

2017年の1年間で価値が20倍にも上がり、数多くの億り人を生み出してきました。

しかし2018年ごろには急落の一途をたどり、新規参入した方々を愕然とさせたのも忘れてはいけません。

安全性が問題視されるだけでなく、税率は最大55%になることも見落とされがちですがおさえておきたいポイントです。


●アフィリエイト

ネットで出来る副業であれば、アフィリエイトもあります。

自身でホームページ・ブログを立ち上げ、そこに商品広告を掲載するものです。

広告を通して売り上げが出れば報酬が貰えますが、アクセスしてもらえないページではなかなか儲けに繋がりません。

誰でも手軽に始めやすい半面、集客の難しさから撤退していく方も多いのがアフィリエイトです。


●ネットオークション・フリマアプリ

ネットオークションで不用品を売ることによって利益を出します。

近年ではアプリで手軽に行えるものも増えてきましたし、個人出品者はアプリ層が多いようですね。


●クラウドソーシング

ネットで仕事を依頼・受注するのがクラウドソーシングです。

アンケート記入や商品の感想を書くような簡単な依頼もありますが、誰でも出来るようなものは単価が期待できません。

お小遣い稼ぎというより、アプリ開発などの専門性のある知識がある方向けとも言えそうです。


●アパート・マンション・駐車場経営

定年退職した方に人気なのが、アパートやマンションを経営するオーナーです。

駐車場経営は既に土地を持っている方がすることや、新たに購入して経営する場合もありますね。

どちらも対人トラブルに気をつけなければいけない案件です。


※一覧には随時 副業を追加していきます。



オススメはなのは断然FX!

初めての方にもオススメなのは、このサイトでも紹介している「FX」です。


株や仮想通貨と同じく投資という括りに出来ますので、副業が禁止になっている会社でも許容されている可能性があります。


加えて短時間で出来るほか、通貨購入のための費用程度で初めは済みます。


準備という準備もなく、ネット申し込みで口座を作るだけという手軽さもウケています。


今では大学生や主婦の方に人気で、本業よりも稼いでしまう方もいると特集が組まれるほどです。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ