第二の基軸通貨ユーロって一体どんな通貨なの?

第二の基軸通貨ユーロって一体どんな通貨なの?

ユーロはEUの加盟国で使用されている、比較的歴史の浅い通貨です。


なんと誕生は1999年でありながら、イギリスやスウェーデンを除く19の加盟国で使用されています。※2018年現在


取引量は米ドルに次ぐ2位で、第ニの基軸通貨とも呼ばれています。


EU自体の経済規模も、アメリカ経済に追いつこうと2位を死守しています。


通貨ペア別に見た場合も、その強さが伺えます。


日本国内で最も人気なペアは米ドル/円ですが、世界規模でみた場合にはユーロ/ドルが圧倒しているのです。


取引量1位の米ドルと、2位のユーロの組み合わせですから納得できる結果かと思います。


複数の国が加入するEUですので、少し特殊な立場にあるのがユーロの特徴のひとつです。



ユーロの値動きはどうやって起こる?

日本円であれば、もちろん日本の経済状況が大きく関わります。


景気が良ければ価値が上がりますし、悪ければ下がることになります。


ではユーロはどのような要因によって価格変動するのでしょうか?


ユーロを扱っているEUには複数の国が加盟しており、この複数の国からの影響を大きく受け止めることになります。

ドイツ・フランス・スペイン・イタリアなど主要な国々の経済状況は要チェックです。


中でもドイツは経済規模が最も大きいため、発表される指標を見逃さないようにしましょう。


変動幅は米ドルよりも大きくなる傾向の強い通貨です。



イギリス、EU脱退の問題点

ユーロの値動きはEU加盟国の動向に握られていることを説明してきました。


そのため、EUに関連した国際問題が大きく注目されています。

近年では、2016年にイギリスがEUから脱退することが決定されています。


脱退自体は2019年3月とまだ猶予がありますが、脱退のタイミングは必ず押さえておきたいですね。


イギリスがEUから脱退することにより、イギリス自身の国力低下はもちろんのこと、EUの不景気も懸念されています。


EUの景気が不振になれば、ユーロ価格も大幅に落ち込むことが予想されます。


イギリスだけの問題でなく、ヨーロッパ全土、そしてFXトレーダー層も巻き込んだ騒動に発展するかもしれません。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ