南アフリカランド(南アランド)の魅力とは?運用例も逃さずチェック

南アフリカランド(南アランド)の魅力とは?運用例も逃さずチェック

南アフリカランドは、名前の通り南アフリカ共和国で使用されている通貨です。

南アランドとも略されます。


FXをしない方にはあまり馴染みのない通貨ですが、FXトレーダーには高金利通貨として注目を集めています。


政策金利は2018年現在で6.50~6.75%を推移しています。


最近になって大幅利上げをしたトルコや、高水準を保っているメキシコには及びませんが、この数値はFXで扱われる通貨の中でも高水準です。


また急上昇は下落が見られず、安定しているのもポイントですね。


ただし景気の側面から見た場合、不安要素もない訳ではないので注意していきましょう。


今回はそんな南アランドを解説していきます。



南アフリカ共和国の特徴

  • 資源国通貨

南アフリカは、金の産出量1位に輝いたこともある資源国です。

資源の種類ではダイヤモンドやプラチナ・鉄鉱石・石炭なども見られます。

資源国通貨は、通貨価格に資源価格が影響します。

景気が良くなれば通貨価格も上がりますし、その逆も然りです。

加えて覚えておきたいのは、輸出先の経済状況も確認するべきということです。

南アフリカの主な貿易先は中国であり、中国経済も南アランド価格に大きな影響を及ぼす可能性があります。

トランプ大統領が起こす経済摩擦が中国に響けば、そちらの動向も探っておきたいですね。


  • 新興国通貨

南アフリカは新興国として扱われます。

新興国の通貨ですので、南アランドは「新興国通貨」に部類されます。

実は新興国通貨は、先進国に比べて金利が高くなりやすいという特徴があります。

ここまで高金利であることを説明してきましたので、納得の方も多いでしょう。

スワップポイントにも大きく反映される一方、新興国は財政収支や政局が不安定なことも懸念されています。

メジャーな通貨に比べて値動きが大きく不安定になりますし、世界的な景気の悪化では価格が暴落しないとは限りません。

そういった背景も、FXで取引するなら頭に入れておきましょう。



実際に運用をシミュレーション

高スワップポイント通貨は、やはり中期~長期での運用がオススメです。


日本円との通貨ペアであれば、「買い」から入ればスワップポイントが貰えます。


強制ロスカットに気をつけて、資金に余裕を持たせながら運用するといいでしょう。


こちらはヒロセ通商の公式HPからお借りした運用例です。

金利が変わらず、上手く運用が出来た場合にはこのように利益が生まれます。


毎日コツコツと積み重ねていくイメージになりますね。


南アランドは1通貨の値段も安めになっているので、初期費用もかなりお手軽になっています。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ