特殊な事情を持つ香港ドルとは?注意点を押さえてバッチリ取引

特殊な事情を持つ香港ドルとは?注意点を押さえてバッチリ取引

中国領土の一部である香港で使用されているのが香港ドルです。


中国元をそのまま利用している訳ではないのですね。


香港ドルは、FXで取引できる通貨の中でも特殊な事情を持っています。


中国だけでなくアメリカの影響も大きく受けるため、2国の動きを注視しなくてはなりません。


今回はそんな香港ドル事情に迫ってみましょう。


香港ドルはドル・ペッグ制


香港ドルを語る上で欠かせないのが「ドル・ペッグ制」というシステムです。


ドル・ペッグ制は、米ドルとの為替レートを一定に保つ制度のことです。


貿易や投資を円滑に行うことができるので、アメリカに対して輸出比率の高い国や経済基盤の弱い国がこの制度を採用しています。


香港もその一国な訳ですが、システムの性質上、アメリカの市場相場の変動に伴うように香港ドルも変動します。


そのため香港ドルを取引するということは、同時にアメリカの経済状況を気にしなくてはならないと言うことです。


そうはいっても米ドル自体取引したことがある方は多いでしょうし、比較的為替レートが安定している通貨なので予想が立てやすいでしょう。


中国の動向も見落としてはならない


現在、中国が目覚ましい発展を続けていることはご存知ですか?


香港の企業も続々と中国本土へと進出しています。


その中で中国経済とともに発展を遂げているため、香港自体に対する期待も高まってきています。


中国株が上昇したときなどは、香港ドルも上昇トレンドになる傾向があります。


アメリカだけでなく、中国の影響を受けると言うことを念頭に置いておきましょう。


少額で始めやすいのも魅力のひとつ

香港ドルが人気なのには、その始めやすさも関係しています。


2018年12月7日時点の価格は、1香港ドル=14円前後です。


1000通貨購入したとしても、必要な資金は1万4000円程度です。


この場合レバレッジはかけていませんし、米ドルなどと比べると大幅に低コストなのが分かります。


お小遣い程度でもスタートしやすいのが魅力のひとつです。


取り扱い会社など注意点

香港ドルは比較的需要がないため、マイナー通貨に部類されます。


マイナー通貨だと、取り扱っているFX会社が限定される場合が増えてしまいます。


香港ドルで始めたいと考えている方は、現在使っているFX会社、またはこれから始めようと思っているFX会社で取り扱いがあるかチェックしなくてはなりません。


また、運用方法にも気をつけましょう。

香港ドルはスワップポイントがあまり見込めませんので、長期向きの通貨とは言えません。


中短期で期間を限った取引スタイルに決定してしまいましょう。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ