クリスマスやお正月の動きは?FXの時期的要素をおさえよう

クリスマスやお正月の動きは?FXの時期的要素をおさえよう

24時間取引が出来るFXですが、時期よっては取引が制限される場合があります。


特に注意したいのは年末年始の動きですね。


クリスマスや大晦日、お正月などイベント事が立て込んでいます。


FX以外でもなにかと忙しくなる時期ですので、早めに確認をして不測の事態に備えましょう。



クリスマスの動きは?

クリスマスに関して、日本と海外ではどのくらいこのイベントを重視しているかという違いがあります。


アメリカやヨーロッパなどでは、通常の店舗も閉店しているのが通常で、日本のように書き入れ時のようなイメージはありません。


本場では家族や友人とまったり過ごすのが主なようですね。


その影響はFXにも表れています。


なんとクリスマス当日、12月25日には東京外国為替市場は開いているのに、その他の市場は全てお休みになるのです。


そのため東京市場が開いている間のみ、取引が可能です。


FX会社によって時間は前後しますが、だいたい7時~15時頃までの様子です。


これは25日が平日だった場合であり、土日だった場合にはそのまま休日扱いでお休みになります。


あまりクリスマスを重視しない日本人にとって、これは他国とのギャップを感じる部分かもしれません。


当日取引しようと思って出来なかった!という事態がないようにしておきたいですね。



大晦日~元日について

日本ではどちらかと言うと、クリスマスよりお正月を重視していますよね。店舗のお休みもお正月なら珍しくありません。


前日の大晦日は平日であれば通常通り取引が出来ます。


ただし、終了時刻に若干のばらつきがみられるので注意は必要です。


FX会社によっては通常通りであったり、深夜まで営業している場合も。


一度自分の使っている会社はどうしているか、スケジュールが公開されているので確認しておくと良いです。


1月1日の元日は、たとえ平日であっても取引が出来ません。


世界中のどこの市場も休場になるためですね。


翌日2日が平日であれば、午前7時頃から取引が再開できます。


コールセンターの受付はクリスマス前後は通常通りのところが多く、正月三が日では取引自体は出来ても、サポートには繋がらないという状態もあるようです。


一般的には4日からは通常通りになると思って良いでしょう。


はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ