FXが学べるアプリがある?目的に合わせて賢く利用しよう

FXが学べるアプリがある?目的に合わせて賢く利用しよう

FXを学ぶ方法は数多くあります。


FX会社公式のセミナーに赴いたり、本で学ぶ方もいるかもしれません。


しかし一番多いのは、まずインターネットを使って情報収集をする方法ではないでしょうか。


ちょっと興味があるだけの方でも気軽に検索が出来ますし、なにより独学でも様々な知識を身につけることができます。


時間の拘束もされませんから、ネットの活用をしない手はありません。


その中で私たちのとても身近な存在である、スマートフォンを利用したFX学習法を見ていきましょう。



FXアプリなら学習もデモトレードも可能

スマートフォンでFXを学ぶのであれば、学習用のアプリをインストールしてしまうのが最も手っ取り早い方法です。


落としてしまえば、あとはいつでも好きな時間に好きなだけ学ぶことが出来ます。


セミナーのように時間は限定されませんし、場所を選ぶこともありません。


通勤中やお昼休み、寝る前などのちょっとした時間でもFXについて知ることが可能です。

そんなFXのアプリにはいくつか種類があります。


  1. 解説型
  2. デモトレード型
  3. ニュース型


◆解説型

アプリの中で最も一般的なのが解説型のものです。

「FXとはどんなもの?」「どういった仕組みになっているのか」という初心者が抱きがちな疑問を丁寧に解説してくれています。


良くあるFX解説サイトのように文字ばかりでページが埋まっているのではなく、漫画を載せて読みやすくしているなどどのアプリも趣向が凝らされています。

解説型のアプリはいわば紹介のプロであるため、初心者が始めやすい環境を整えてFXをスタートさせるのにピッタリです。

取引すべきFX会社はどこのなのか?も要点を絞って、分かりやすく自分に合ったものを教えてくれます。


どのアプリが良いのか迷ったら、アプリのスクリーンショット等を見て、好みのデザインのものを選んでしまうのもいいですね。

インストールは無料のものがほとんどですから、費用の心配などせず学ぶことが出来ます。



◆デモトレード型

FXの取引を実際に体験しようという趣旨なのがデモトレード型のアプリです。


デモトレードは名前の通り、取引のデモンストレーションを行います。

仮想の通貨を用いて、取引の経験を積むことが出来るのが特徴です。

とても便利な機能なのでFXのお試しがしたい場合にぜひ使って頂きたいのですが、ひとつ注意したいことがあります。


出来るだけFX会社公式で提供されているデモトレードアプリを使用した方が良いということです。


デモトレードアプリはFX会社で提供されているほかに、FX会社以外の公開アプリが存在します。

シンプルで分かりやすいものが多いのが特徴ですが、実際のFX取引に移行すると戸惑ってしまう方も多いようです。


公式のアプリであれば、本番側とまったく同じ取引画面での体験が可能なのですが、非公式のものだとそうもいきません。


せっかく取引経験を積んだのに、本番では画面や取引方法が違って、経験が生かせないという体験談も…

そうならないために、事前に取引したいFX会社を絞っておき、その会社のデモアプリを使用するという流れにしてしまうのが安心です。



◆ニュース型

経済ニュースの配信を主に行っているアプリです。

FX会社の取引アプリには、このニュース機能が搭載されている場合が多くあります。

取引アプリとニュースアプリを別々で使ってしまうよりも、やはり公式アプリをメインに使っていくスタイルが分かりやすいでしょう。


ここまでの内容を総括すると、


①FX解説アプリで勉強

使ってみたいFX会社を決定する

②FX会社公式のアプリでデモトレードを経験

③ニュースアプリは取引の補足程度に


と言った流れになります。


デモトレード体験の時点で、複数のFX会社の使い比べをしてみるのもオススメです。


デモだけなら完全無料ですし、より自分に合った取引環境で始めることが勝利へのカギになります。


FXアプリについてはこちらでもレビューが見られます

⇒初心者にオススメのFX無料アプリ2019年版

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ