くりっく365とは一体なに?安心できる取引の仕組み

くりっく365とは一体なに?安心できる取引の仕組み

皆さんはFXで取引をしようと思ったとき、まず初めになにが必要だと思いますか?


PCやスマートフォンなどの取引機器のほかにも、取引を行うための専用口座を開設することになりますね。


口座を持つ為にはFX会社に申し込みを行う必要も出てきます。


このようにFXは、基本的に私たち個人とFX会社のやり取りを行うイメージがあります。


直接FX会社と取引をすることを非取引所取引店頭FXなどと呼んでいますが、これはFXならではの取引方法と言えます。


既に株を経験している方ならご存知かもしれませんが、株には東京証券取引所などの取引所が存在します。


2005年までFXには公的な取引所取引はなかったのですが、そこで新しくスタートしたのが「くりっく365」なのです。


くりっく365は日本初の公的な取引所取引

くりっく365とは、日本で初めてできた公的な取引所に上場されている為替商品です。


FX会社とやり取りを行うのではなく、FX会社が取引を取り次ぐ形で、投資家から預かった証拠金が全額取引所へ預託されるのが特徴です。


くりっく365を取り扱うFX会社は、法令による基準をクリアし、厳格な資格要因を満たしていなくてはいけません。

※2019年1月時点で、選び抜かれた数十社でしか取り扱いを行っていません。


結果的に信用性が高く、FX会社自体に不安が残るような取引はなくなります。


まず安心して取引出来ることがメリットと言えるでしょう。


くりっく365が設立された背景

FXが登場した当時は、取引を規制する法律や監督官庁が定められていませんでした。
そのためFX会社は一時膨大な数、設立されることになります。
中には質の悪いFX会社もあり、一部による勧誘行為や証拠金の扱いに関するトラブルが頻発した結果、健全で安心できるFX市場へのニーズが高まりました。
その後FX会社を監視・規制する改正金融先物取引法が施行されることとなります。そして、満を持して登場したのが、今回解説するくりっく365です。



くりっく365のメリット

信用性の高さ以外にも、FXを有利に進めるためのメリットがくりっく365には存在します。


まず紹介したいのは、最も有利なレートを選んで表示する「マーケットメイク方式」です。


これは複数の有力な金融機関が提示したレートのうち、一番有利なレートを表示するものです。

店頭FXでは、FX会社は提示したスプレッドに依存することになってしまいます。


常に透明性が高い取引環境を提供してくれるというのは大きなメリットです。



またスワップポイントにおいては、受取額と支払額が常に同額となります。


支払い額が受取額よりも大きくなってしまう店頭FXに比べて、更に安心できる仕組みと言えます。



くりっく365口座の選び方

価格の決定方式が一緒なら、どこのFX会社でくりっく365口座を持っても同じ…と思ってしまいますね。


しかし、実際には細かな違いがあるので注意が必要です。

分かりやすいのは取引システムや画面でしょう。


くりっく365口座といっても、取引画面はFX会社仕様のものを使用することになります。


そのためFX会社ごとに好みや使いやすさの部分で違いが生まれてしまうのです。


既に取引しているFX口座があるなら、くりっく365口座対応はしているのか?を調べてみるのも良いですね。


良く見知った取引画面の方が、新しく取引を始めるのにも抵抗がありません。


その他にも自動売買が使えたり、セミナーが開催されていたりもします。


例えば外為オンラインなら、賢い自動売買「iサイクル注文」がくりっく365で使用できますし、更にくりっく365専用のセミナーも開催されています。


どこで始めたらいいのか迷ってしまったら、FX会社特有のサービスで比較してみると良いですよ。


くりっく365が利用できるFX会社については

⇒くりっく365について詳しく(はなまるFX公式)へ


※「iサイクル注文」は2019年3月をもって「iサイクル2取引」へとバージョンアップしました。
より使いやすくなったiサイクル2取引を公式サイトよりお楽しみください。

はなまるFX AmebaOwnd -初心者向け投資FX入門-

初心者向け投資として人気のFXについて優しく解説しているサイト「はなまるFX」のアメーバOwndページです。



FXが詳しくなる初心者向け特集ページ